ヴィエナピアノ・フルート教室は群馬県前橋市、高崎市にある、音楽教室です。

  • menu

発表会

2019年10月20日

発表会のプログラムができました!
数年前に生徒皆の写真を表紙の載せ始めました。
それに加えて以前はかわいいキャラクターのイラストを書いていました。昨年からは、生徒が皆続いていて大きくなってきたこともあり、ちょっと綺麗な大人っぽい雰囲気にしています。今年のデザインのアイディアは「花」。表紙に顔写真と共に敷き詰めました。

→ 続きはコチラ

心機一転

2019年10月8日

長らくブログを更新しておらず、久しぶりの更新になります。
ご無沙汰しておりました。
なぜこんなに間が空いたのかというと、このホームページを全面的に改良しているから。

10年程前に、自分で勉強して始めたページは、今のページの前身です。パソコンの画面ですがこちら。

→ 続きはコチラ

めがね 

2019年7月16日

私のトレードマークになってきているくらいお気に入りの眼鏡です。

12年ほど前に一目ぼれをして購入しました。
この眼鏡、どこに行っても褒められます。知らない人や店員さんにも褒められ仲良くなれます。
体験レッスンした時も「こんな眼鏡をかけていて、面白い人だと思うので入会を決めます」と言われたこともあります笑
それ以来ずっと大切に使っているのですが、最近視点が合わなくてとうとう老眼の始まり!?を感じつつ、産後の疲れだと騙しだましかけていました。

→ 続きはコチラ

音楽を感じる大切さ 

2019年6月10日

教室では毎年ゲストを呼んできてコンサートを企画しています。対象は子どもの教室の生徒たち。

なぜこれをずっと続けているかというと、子供たちに間近で音楽を届けたいから。音楽にしても勉強にしても人はそのいる環境から大きな影響を受けます。本物の演奏、そして本格的な演奏を間近で聴くということは音だけでなく、その場の空気感を肌で感じることができます。そしてそれは、練習を重ねて舞台で自分が演奏することのように、大きな経験となり、思い出に、感動になります。

→ 続きはコチラ

おとなの教室発表会 

2019年5月16日

先月4月14日(日)高崎コアホールで大人のピアノ・フルート発表会がありました。

ピアノソロ、フルートソロ、ピアノ連弾、フルートアンサンブル、キーボードアンサンブル、ファゴット2重奏等々、本当にいろいろでとても楽しめました。

→ 続きはコチラ

合唱の伴奏 

2019年5月6日

また久しぶりの更新になってしまいました。
3月から4月にかけては、おとなの生徒の発表会、いくつかのコンサート、伴奏、教室の入会時期などであっという間に過ぎました。
1月2月があっという間だと思ったら、また同じようになっています。忙しいのは嬉しいですが、多すぎるとそれはそれで大変ですね。
5月は教室の恒例のミニ発表会、7月はヴィエナコンサートも予定しています。これは教室の生徒のみ参加できる間近で聴けるコンサート。今年もフルートの素晴らしいゲストを予定しています!

→ 続きはコチラ

新年度に向けて 

2019年3月14日

早いものでもう3月になりました!!

年明けにブログを書いていたのですが、アップされないままお蔵入りしてしまいました(。-∀-)

3月は別れの季節ですね。卒業式や転勤になる方もいるのではないでしょうか。
教室でも、高校3年生になると群馬を離れたり大学生になるので別れがあります。

→ 続きはコチラ

音楽の吸収と発信 

2019年3月1日

2019年が始まり、もうすぐ新年度を迎えますね。まだまだ寒い毎日ですが、たまに暖かい日があると、春の訪れを実感します。今年、今年度もまた目標を立て、充実した1年にして行きたいと思います。

先日レッスンで、あるミュージカルを観劇したという生徒さんのお話を聞いたのを思い出し、私も1月に観劇した、劇団四季のミュージカル《パリのアメリカ人》についての感想を書こうと思います。

ミュージカル《パリのアメリカ人》

1952年にアカデミー賞を受賞し、“アメリカ音楽の魂”と称されるガーシュウィン兄弟の代表曲が散りばめられた同名映画に想を得たこのミュージカル。 映画の内容をさらにふくらませた物語と、イマジネーションをかきたてる新しいダンスによって初めて舞台化され 、2014年にパリで公演がスタート。翌年にはニューヨーク・ブロードウェイに進出。トニー賞で振付賞、編曲賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞を獲得しました。(劇団四季のHPより)

→ 続きはコチラ

コンサートの感想とお知らせ 

2019年2月19日

早いもので2月も後半にさしかかり、今年度も残すところあと1ヶ月と少しになりました。日常はなかなか落ち着いて過ごせない今日この頃ですが、こんな時こそ気分転換♪先週末は毎月楽しみにしている群馬交響楽団の定期演奏会を聴きに、群馬音楽センターへ行って来ました♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

今回はドイツの指揮者、クリストフ・アルステットさんがいらしてシューマンの「序曲、スケルツォと終曲 作品52」、またソリストに小菅優さんを迎えてベートーヴェンの「ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58」、メインにはドヴォルザークの「交響曲 第7番 ニ短調 作品70」が大勢の聴衆を前に華やかに演奏されました。

→ 続きはコチラ

今年もよろしくお願いします。 

2019年2月10日

1月はコンサートが多く準備に追われ・・・大変にブログの更新が遅くなってしまいました。
ブログは滞っていましたが、教室もレッスンも、もちろんきちんとやっております。
今年初めてのブログということもあり、抱負などを。

私の見ている生徒は小学校高学年から、中学生くらいが多く、学校生活でも、音楽に対する気持ちについても変化の大きい時期です。
ピアノへの向き合い方も、だんだんと勉強に時間が取られるなかで変わり、同時に親御さんの練習への関わり方も変化します。

→ 続きはコチラ

・・・