ヴィエナピアノ・フルート教室は、群馬県前橋市、高崎市の音楽教室です。

無料体験レッスンのお申し込みはこちらから
  • menu
回り道しないで上達できます。

ヴィエナの講師はみな指導経験豊富です。楽しみながらもしっかり一歩一歩進んでいけるように、基礎を重視して丁寧に指導します。

それぞれの講師のプロフィールと挨拶です。
伊藤正

伊藤正

レッスンでいつも心がけているのは「音楽をすること・基礎を大切に」。やさしさや暖かさを感じられる音楽的な演奏を目指します。より基本的なこと、例えば音の出し方や響かせ方、聴き方を重視しています。音楽は奥が深く、いろいろな表情があります。それを理解して表現するのが楽しいところです。練習も沢山必要で大変ですが、一旦わかると音楽の世界で自由に遊んで楽しめます。教室のコンセプトのように、音楽とずっと友達でいられるようになって欲しいです。

プロフィール

県立前橋高校卒業後、オーストリアに渡る。ウィーン市立音楽大学ピアノ科を首席にて卒業。ウィーン国立音大ではピアノ教育学も学び、演奏と指導を共に専門とする。国内外のコンクール等で多数受賞。14回を数える毎年のピアノソロリサイタルは抒情的な音楽性と繊細なタッチで好評を得ている。また、N響を始めとする主要オーケストラのメンバーとの共演など室内楽分野、及び歌曲の伴奏などにも積極的に取り組む。ウィーン在学中には学生会長として、オーストリア日本人会学生コンサートを立ち上げ。2013年からは地元の高崎演奏家協会長としてメディア出演なども通して、地域の音楽文化の発展を図る。また、運営する「ヴィエナピアノフルート教室」では後進の指導にあたり、指導者としても多くの実績を挙げている。ピアノを安達淳一、角聖子、S.V.トイフルマイヤー、M.トラハセル、 K.h.ケマーリンク、G.プルンダーマシェル、ドレンスキーらに、室内楽をアルテンベルクトリオらに師事し、ウィーンの伝統を始めとして、ヨーロッパの様々な国のスタイルの音楽的知識を備えている。2015年にはアドラーピアノトリオのピアニストとして、その演奏が「音楽の友」誌上で絶賛された。

杉山友美

杉山友美

私は音楽がとっても好きです。 楽器を始めたら毎日の練習が大変そう・・・と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。音楽が生活の一部になってしまうと毎日演奏することが楽しくなり、そうなるとどんどん上手になっていきます。みなさんの上達のお手伝いが出来ればなと思っています。明るく楽しく一緒に音楽をしましょう♪

プロフィール

3歳からピアノ、11歳からフルートを始める。2004年相愛大学音楽学部卒業後、ウィーンへ留学。2004年プライナー音楽院入学、2005年からウィーン国立音大教授ハンスゲオルグ・シュマイザーの下で研修を積む。2007年プライナー音楽院をディプロムを得て卒業。 在学中からイタリア、チェコ、ハンガリー、オーストリア等でマスタークラスを受講。ディプロム取得。P.y.アルトー氏、J.オストリー氏、大嶋義実氏、G.ノヴァ氏、G.チェテーニ氏らの講習会に参加し研修を積む。 2007年第8回大阪国際コンクール入選。オーストリア国内、日本国内でソロや室内楽の演奏会に多数出演。ピアノを山野尚栄氏、南部明子氏に声楽を福田清美氏、フルートを加堂有里子氏、若林正史氏、F.リーラヒャー氏、H.レンチュ氏、Hg.シュマイザー氏、室内楽をE.ボルマン氏に師事。 現在はヴィエナピアノ・フルート教室で後進の指導にあたると共に、フリーで演奏活動を行っている。

黒沢真木子

黒沢真木子

ピアノを弾いていると、嬉しい瞬間がたくさんあります。思い通りの音が出たときや、きれいな響きを発見できたとき、メロディーを豊かに弾けたとき…。そんな瞬間をみなさんと共有できたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

群馬県藤岡市出身。東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。東京音楽大学大学院修了。第57回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部入選。第21回群馬県ピアノコンクール大賞。第20回日本クラシック音楽コンクール4位。第23回彩の国・埼玉ピアノコンクールF部門特別奨励賞。これまでに岡本愛子、岡田敦子、鈴木弘尚の各氏に師事。

和井田真季

和井田真季

音楽はとても楽しく、心を癒してくれます。楽譜は宝の地図と同じです。色んな発見があります。一緒に楽しく音楽を学び、音楽の素晴らしさを伝えてきたいと思います。

プロフィール

東京音楽大学器楽ピアノ科卒業。第4回群馬県ピアノコンクール5,6年の部最優秀賞。第8回群馬県ピアノコンクール中学生の部最優秀賞および大賞。教育連盟ピアノコンクール入賞、ピティナヤングピアノコンペティション優秀賞。ヤマハオータムコンサート群馬県代表として出演。群馬県新人演奏会出演。草津国際音楽アカデミーに群馬県より派遣され参加。スチューデントコンサートに出演。東京音楽大学卒業演奏会、デュオ卒業演奏会出演。ギャラリーフェンネルにてソロコンサートを行う。今までに熊木考二、村上弦一郎、渡辺健二、石附秀美に師事。

原梢

原梢

音楽には、難しいルールが必要なこともありますが、楽器の音色やメロディの美しさ、和声とリズムの心地良さなど、シンプルな感覚がとても大切だと思います。初めて音楽を学ぶみなさんに、その純粋な喜びを知ってもらい、日々の愉しみとするお手伝いが出来ればと思っています。

プロフィール

県立高崎女子高等学校卒業。京都市立芸術大学音楽学部管打楽専攻卒業。16歳よりファゴットを始める。浜松国際音楽アカデミーにおいてD.ダミアーノ氏のマスタークラスを受講。大学の推薦により、関西音楽大学協会主催『アンサンブルの夕べ』、サントリー主催『1万人の第九』出演。作曲家R.ブートリー氏の作品発表に参加。室内楽において現代音楽作品を多数初演。 これまでに、ファゴットを西岡千里氏、光永武夫氏に、ピアノを風岡粧子氏、笠原哉子氏に、声楽を北村敏則氏に、室内楽を朝比奈千足氏、大嶋義実氏、田隅靖子氏の各氏に師事。現在は、ソロやアンサンブルでの演奏会の企画・出演や、オーケストラでのエキストラ出演等の演奏活動を行うと共に、後進の指導にもあたっている。高崎演奏家協会書記。

茂木史花

茂木 史花

心の変化によって音楽の感じ方は変わってきます。楽譜に書かれている1フレーズのメロディでも、演奏した時や聴いた時に思うことは一年前と今では全く違うことがあります。音楽と一緒に心が変化してることに気付いた時、音楽がよりいっそう大切になり、大好きになります。
音楽と一緒に、沢山の人と時間を共有して行きたいですね。

プロフィール

白鴎大学足利高校音楽科卒業。東京音楽大学ピアノ科卒業。第24回日本クラシック音楽コンクール優秀賞。東京音楽大学デュオ終了演奏会に出演。11才よりヴァイオリンを習い、ソロやオーケストラを学ぶ。教職課程管弦楽終了演奏会にてコンサートミストレスを務める。東京音楽大学合唱団として4回の第九公演に出演。これまでにピアノを須田すづ子、田中悠一郎、石渡明子、小川雅代、石附秀美各氏に、デュオを岡藤由紀子氏に、ヴァイオリンを木幡静野氏に師事。

矢島智恵美

音楽は、文字通り音を楽しむ事です。音楽を聴く人も演奏する人も、楽しく時には癒してくれます。その音楽を、ピアノやフルートを通して一緒に学び楽しんでいきましょう。

プロフィール

4歳からピアノ、12歳からフルートを始める。東邦音楽大学、東邦音楽大学大学院卒業。ヤマハ管楽器新人演奏会第19回木管楽器部門、第54回高崎新人演奏会、第35回ぐんま新人演奏会に出演。ピアノを関由美子、野田説子、フルートを関原博、竹生田真弓、中村明子、瀬尾和紀、室内楽を岩間丈正、鈴木一志に師事。東邦音楽大学ウィーンアカデミーにて、ハンスゲオルク・シュマイザーのレッスンを受講。CD録音や演奏会も積極的に取り組んでいる。

伊藤久美子

伊藤久美子

みなさんこんにちは。私は日々楽しくピアノを教えています。「ピアノを弾くことで、みなさんの人生がより充実する」そのためのお手伝いができることに大きな歓びを感じています。現在、3歳から80歳までの多くのみなさんとの出会いがあり、このことをなによりも幸せに思っています。普段の生活では特に気が長い方ではないのに、ピアノを教えているときは、不思議にイライラしたことがありません。これからもみなさんんと音楽の世界で通じあっていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

5歳よりピアノを始める。中学から大学の間、フルートも学ぶ。吹奏楽部で全国大会出場。前橋女子高校、同志社大学卒業。社会教育主事。子どもからおとなまでのピアノ教育に携わっている。 子どもの教育は、楽しいピアノを目指すとともに、希望者には、ピアノコンクールにも積極的に参加。入賞者も多く出している。毎年冬に前橋市民文化会館などで発表会を開催。おとなのピアノについては、楽しくリラックスしてをモットーに、15年以上前から携わっており、前橋市の公民館で学ぶピアノクラブの講師なども長く勤めている。 2002年には、NHK教育テレビ趣味悠々のテキスト「楽譜が苦手なお父さんのためのピアノ塾」を執筆。 2003年には同テキスト「楽譜が苦手なお父さんのためのもっとやさしいピアノ塾」を執筆。 2004年にはおとなのピアノのブラインドタッチを世に問い、そのテキストを執筆。この本の中で、おとなの初心者のピアノが良い方向に行くための大切なノウハウ(正しく基礎を身につける方法)を伝えた。2005年にはピアノ館「ヴィエナ前橋」をオープン。ここが、子どもからおとなまでの豊かな楽しいピアノ学習の場となることを願っている。2008年6月にはピアノ館「ヴィエナ高崎」をオープン。2009年11月には「おとなのピアノの本」を出版。