カテゴリー: Playing Notes 生徒の演奏

Playing Notes リスト 愛の夢 第3番

元祖コンサートピアニストのスターとも言えるリストの代表作です。 華やかでピアニスティックイメージのあるリストですが、この曲はしっとりと始まります。「愛の夢」という名前が有名で、それだけが取り上げられることが多く、確かにその通りなのですが、これは実はノクターン。夜を想って作る曲です。 そして3番という […]

続きを読む

Playing Notes ショパン ノクターン 27/2

ショパンの名曲です。ノクターンは夜想曲。ゆったりとしたリズムの中で様々な表現を作ることができます。 音楽を演奏するにあたって音楽に「入る」ことはとても大切。 私の感覚としては集中している時は98パーセント位音楽に入って、残りの2パーセント位は覚めてる様な感じです。 ある本で読んだところによると、その […]

続きを読む

Playing Notes ギロック 女王様のメヌエット

今回は年中さん(4歳)の演奏です。5月に始めたばかりで、お家での練習を沢山頑張りました! 綺麗なドレスを着ての舞台は子どもにとってもワクワクする場。照明も綺麗にあたり良い雰囲気の動画が撮れました。 ギロックは素敵な曲が多く、この子どものためのアルバムは、ある作曲家のスタイルを真似て、曲名もそれに似せ […]

続きを読む

Playing Notes フルート 音の花束

今回はPlaying Notes初めてフルートの演奏です。 ヒュルステナウという作曲家のエチュードからの一曲。「音の花束」という素敵な名前の練習曲集です。 高校2年生になった千歩ちゃんは音大受験に向けてフルートを頑張っています。この曲はとても難しく、コンクールの課題曲でした。 曲名の通り、音が花束に […]

続きを読む

Playing Notes ブルクミュラー バラード

先日の「アラベスク」に続き今回もブルクミュラーからの選曲です。25曲ある中でも左手の難易度が高い曲。 ドシドソラシという開始部分はきっちり弾くのはとても大変。指を立てて弾くのが良い、寝かして自然に弾いた方が良い、いやいや手首を・・・という沢山の意見がある様ですが、結局は形よりソルフェージュを丁寧にし […]

続きを読む

Playing Notes ブルグミュラー アラベスク

今回の演奏はブルグミュラーのアラベスクです。 この曲含め、この曲集は日本では昔からピアノ練習の定番となっています。その流れで試験などでも弾くことがあったりと聴く機会のとても多い曲です。おなじみの曲といえるでしょう。 リズムに乗って演奏するのは意外と難しいもの。細かい音符もあり、その練習に最適です。 […]

続きを読む

Playing Notes バッハ パルティータ 第2番

今回の演奏紹介はバッハのパルティータ第2番です。 両手が同じ様に動くバッハの作品、ピアノを弾いていると右手のいわゆるメロディーに意識が行きがちですが、左手もとても大切です。 この様な曲を勉強することで、その左手の音を聴く習慣がついて行きます。一人で沢山の音を弾くのが何と言ってもピアノの一番大変なこと […]

続きを読む

Playing Notes メヌエット ト長調

生徒の演奏シリーズ「Playing Notes」第2回目。 曲は誰もが耳にしたことのある有名なメヌエットです。レーソラシドという始まりはピアノを勉強した方は一度は弾いたことがあるのでは。 先日行ったミニ発表会でのYちゃんの演奏です。とても優雅で上品な雰囲気がありました! こういう古典的な曲はシンプル […]

続きを読む

生徒の演奏の動画シリーズ始めます!Playing notes

前々から企画していた、ヴィエナの教室の生徒の演奏動画のシリーズです。 今回は第1回目として今年高校生になった吉田圭織さんに登場していただきました! 小学生の頃からなので、もう大分長いピアノ歴です。今は音楽がとても好きになった様で、とても嬉しく思っています。 「上手に」なるのももちろん嬉しいですが、や […]

続きを読む

ARCHIVES

ページ上部へ戻る