カテゴリー: Vienna News

Playing Notes ショパン ノクターン第2番

誰もが一度は聞いたことがあるショパンの名曲、ノクターンの第2番です。 伴奏とメロディーというシンプルな作りの中に透明感のある美しさを湛えています。音楽の美しさを再確認できる曲だと思います。 曲の構成も、テーマを少し変化させながら繰り返しています。繊細な装飾音など、ショパン自身は毎回即興的に変化させて […]

続きを読む

コロナ対策として設備更新

コロナの対応についても、県の認証をとったり対策を講じてきましたが、ここでエアコンの更新の時期に合わせ、新しい空気清浄機能付きのものを導入しました。 合わせて今までは加湿器のみだったところに、空気清浄機を設置しました。 ほぼこれで設備として取りうる対策は全てしたと思われます。 これから入会も増える時期 […]

続きを読む

コンサートぐんま1月15日

1月15日の土曜日に行われる「コンサートぐんま」に木村ひかりと伊藤正が出演します。 曲目はニールセンのフルートコンチェルト。20分ほどある作品ですが、他の出演者との兼ね合い?で全部演奏することになりました。 この曲は初めて伴奏を弾く曲です。フルートの曲は通常演奏するものについては伴奏をほぼ弾いたこと […]

続きを読む

講師を新規募集します!

教室の状況の様々な変化に伴い、2年ぶりに講師の募集を致します。 音大を卒業した方で(見込み含め)、音楽の楽しみを広める仕事がしたい方の応募をお待ちしております。 詳しくはこちらの募集要項(PDF)をご覧ください。

カウントダウンコンサート

12月の31日の夜10時から、前橋の白井屋ホテルさんでカウントダウンコンサートを行いました。 共演はヴァイオリニストの真田彩さん。 10時から3ステージに分けての開催で、ピアノソロも含め、10曲以上と多くの曲を演奏しました。日本やイギリス、フランス、ハンガリーなどそれぞれの国の特徴ある曲をお話しを交 […]

続きを読む

あけましておめでとうございます

昨年はコロナの影響の大きい中、なんとか一年間教室を運営してきました。特に子供にとっての一年は大きい価値あるものです。一つ一つのイベントも同様に大切です。 学校の行事が悉く無くなる中、教室の発表会は是非やってほしいという声も多く、対策をしつつ行えたことはとても良かったと思っています。 いい加減にこの騒 […]

続きを読む

伊藤正の寄稿が上毛新聞に掲載されました

先日お話しいただいたオピニオン委員。上毛新聞さんのオピニオンという欄に一年を通して6回ほど寄稿いたします。 11月頃に紹介で載った時もご覧になった方から連絡をいただきましたが、今回は第一回目の文章ということもあり反響が多くありました。 テーマは「調和」 音楽を通して調和をもたらすという視点から書きま […]

続きを読む

Playing Notes プロコフィエフ フルートソナタ

今回は久しぶりにフルートの動画です。 高校3年生の岡田都那海さんの演奏です。曲はよく演奏されることのあるロシアの作曲家、プロコフィエフのソナタです。 プロコフィエフは鋭いリズムや、ある種の冷たさが特徴で、ピアノの曲にもそんなキャラクターを持っている作品が多くあります。 そんな中においてこの曲は、出だ […]

続きを読む

Playing Notes ギロック 雨の日の噴水

発表会での定番曲です。ギロックの子供のためのアルバムからの一曲。 素敵な曲が沢山あり大好きな曲集です。それぞれの曲が、クラシックで演奏されることの多い時代のスタイルや、作曲家のスタイルを模倣して作られていることもあり、次に繋がるという意味でもよく使う楽譜になっています。 もちろんそれを除いても、綺麗 […]

続きを読む

Playing Notes ミンクス ドンキホーテ

発表会もあって、久しぶりのPlaying Notesの更新となります。 今回はピアノで弾くのはとても珍しい曲です。バレエのドンキホーテの音楽。 バレエ音楽としてはとても有名な作曲家ではありますが、ピアノで演奏されることは今日あまりありません。跳ねたり、ゆったりと動いたり、踊りがイメージできるようなキ […]

続きを読む

ARCHIVES

ページ上部へ戻る